header-image

【画像解説付き】BASEのインスタ連携のやり方を解説!


最終更新日: 2021/03/19

このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram投稿を見て気に入った商品を、商品のタグから直接ECサイトに移動して購入するユーザーが増えています。

BASEでネットショップを作った人のなかには、インスタとの連携を考えている人も多いのではないでしょうか。

「BASEで作ったショップをインスタと連携させて売上を伸ばしたい」

「BASEとインスタを連携させたいけれど、方法がわからない」


そんな方々のために、BASEのインスタ連携のやり方を、画像付きで解説します。

記事を読めば、BASEで作ったECサイトとインスタを、どのように連携すればよいかがわかります。

BASEとインスタを連携できる「InstagramApp」とは?

「Instagram販売 App」とは、BASEとインスタを連携させることができるBASEの追加機能です。

BASE管理画面のAppsページ内から、無料でインストールできます。

Instagram販売 Appを使えば、いくつかの手順を踏むだけでBASEの商品をInstagramと簡単に連携させることができます。

連携させることで、Instagramの投稿に商品をタグ付けして、BASEの販売ページへ直接リンクさせられます。

Instagramの投稿を見て「欲しい」「気になる」と感じたユーザーをスムーズにショップに誘導できるため、ショップの売上増が期待できます。

BASEとインスタを連携する際の条件について

BASEとインスタを連携させるには、インスタをFacebookと連携させることが必要です。

連携させるための詳しい手順についてはのちほど説明します。ショップ用のFacebookアカウントがない場合は、あらかじめ用意しておきましょう。

FacebookページとBASEを連携させると、BASEで公開されている商品が、Facebookページの「ショップ」に表示されるようになります。

BASEとインスタを連携させるには、このあと、Instagramのアカウントをプロアカウント(ビジネス)に切り替えることも必要になります。

「Instagram App」の連携手順

それでは早速、Instagram販売 Appを使ったBASEとインスタの具体的な連携手順を見ていきましょう。

おおまかな流れは、以下の通りです。

  1. BASEでFacebookと商品情報を連携する
  2. ドメインとFacebookで認証する
  3. Instagramをビジネスアカウントに変更する
  4. Instagramでショッピング機能を設定する

それぞれの手順について、画像を紹介しながら詳しく説明します。

BASEでFacebookと商品情報を連携する

はじめに、BASEとFacebookを連携させて、BASEで公開されている商品の情報をFacebookの「Facebookカタログ」へインポートします。

Instagramの投稿でタグ付けする商品は、「Facebookカタログ」にインポートされている必要があります。

  1. 「Instagram販売 App」の設定ページで、「Facebookと商品情報を連携する」をクリックします。

Facebookのログイン画面が表示されたらログインします。「BASEをFacebookにリンク」のページで、「次へ」をクリックします。

ここから、連携に必要なFacebookの5つのツールの確認を行います。

  • ビジネスマネージャ
  • 広告アカウント
  • カタログ
  • Facebookページ
  • ピクセル

それぞれ、持っていない場合には、画面の案内に従って新規作成することになります。

持っているツールに関しては、持っているものが自動的に選択されているため、変更したい場合や新規で作成したい場合のみ、クリックして変更します。

案内に沿ってひとつずつ進めて行きましょう。

  1. すべてのツールの選択が完了したら、「設定の確認」ページが表示されます。「次へ」をクリックします。
  2. 「BASEからアクセスできるビジネスの設定」ページが表示されたら「次へ」をクリック。
  3. 「BASEに許可するアクセス設定」のページが表示されたら、すべてが「はい」になっていることを確認し、「次へ」をクリック。
  4. 完了画面が表示されたら、必ず「完了する」をクリックしてください。

以上で連携は完了です。

連携が完了すると、即時~15分程度でBASEの商品情報がFacebookカタログに連携され、24時間以内にFacebookページのショップにも商品が表示されるようになります。

ドメインとFacebookで認証する

次に、ドメインの認証を行います。ドメインとは、ショップのURLの「https://」以降の部分です。

認証を行うことによって、ショップのURLが自分のものであることを証明します。

証明したうえで、Instagramとの連携が可能になります。

ドメインの認証を行うには、まずFacebookでドメインを登録し、その後BASEで操作を行い、再びFacebookに戻って認証を行う必要があります。

詳しい手順は、以下の通りです。

  1. Facebookのビジネスマネージャで「ビジネス設定」、「ブランドセーフティ」、「ドメイン」の順に選択します。「追加」ボタンをクリックし、「ドメイン名」にショップURLの「https://」以下の部分を入力します。
  2. 入力したら「Meta-tag Verification」というタブを選択します。
  3. 画面上の、基本ステップの「1.」に表示されている太字部分がメタタグと呼ばれるものです。「<meta name=~>」の、メタタグをコピーします。
  4. Instagram販売 Appの設定ページに戻って「ドメインの認証」欄にコピーしたメタタグを入力、変更する(または、保存する)をクリックします。

Facebookマネージャの画面に戻り、「認証する」ボタンをクリックします。これでドメイン認証は完了です。

#Instagramをビジネスアカウントに変更する

続いて、Instagramのアカウントをビジネスアカウント(プロアカウント)に設定変更します。

プロアカウントとは、Instagramをビジネスの用途で活用するためのアカウントです。

「ビジネス」と「クリエイター」の2種類ありますが、ショッピング機能を利用できるのはビジネスのみです。

アカウントがビジネス以外になっている場合、次の通りアカウントの変更を行ってください。

1.Instagramアプリでプロフィールを選択し、「設定」をタップ。

2.「アカウント」をタップ。

3.画面下部までスクロールし、「プロアカウントに切り替える」をタップ。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション

自動的に生成された説明

4. アカウントタイプで「ビジネス」を選択し、「Facebookページにリンク」で、ショップのFacebookページを選択します。

5. 公開できる情報を入力すれば、ビジネスアカウントへの変更は完了です。

Instagramでショッピング機能を設定する

ここまでの準備が完了したら、最後にInstagramでショッピング機能の設定を行います。設定は、スマホのInstagramアプリから行いましょう。

  1. まず、プロフィールの「設定」から「ビジネス」、「Instagramショッピングを設定する」をタップします。
  2. 利用規約に同意し、「次へ」をタップ。
  3. InstagramとリンクしたFacebookページを選択し、「審査を申請」をタップします。
  4. 「Instagramがアカウントを審査中です」と表示されたら、OKをタップします。

設定の手順はここまでで完了です。

このあと、Instagramの審査が行われます。

審査には、数日かかる場合もあります。

プロフィールから「設定」、「ビジネス」、「ショッピング」をタップして、審査の状況を確認できます。

審査に通過したらInstagramからその旨メッセージが送信され「アクティビティ」に表示されます。

審査に通過したら、Instagramの投稿に商品をタグ付けできるようになります。

まず、写真を投稿する画面に「商品をタグ付け」という項目が表示されるようになるのでタップします。

そのあと、タグ付けをしたい写真の位置で再びタップすると、商品一覧が表示されるので、そのなかからタグ付けしたい商品を選択します。

Instagramのショッピング機能を活用して、投稿に興味を持ってくれたユーザーをBASEのショップページに呼び込みましょう。

まとめ

BASEとインスタとの連携は、「Instagram販売 App」を利用して行えます。

BASEとインスタを連携すれば、販路が広がりますよね。

インスタユーザーに商品の魅力をアピールして、売上UPを狙いましょう。

インスタの活用では、他に、インスタへの広告出稿もおすすめです。

ネットショップ集客ツールAdSISTなら、インスタへの広告出稿が簡単に行えます。

インスタ連携とあわせて、ぜひ導入を検討してみましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
header-image header-image