header-image

最近流行りのSNS広告とは?


このエントリーをはてなブックマークに追加

近年スマートフォンやタブレットの普及により、TwitterやFacebookといったSNSからの情報収集が欠かせないものとなっています。ネットショップ運用をする上で大事な要素の一つです。

そのSNSの普及によりSNSを使って自社のサービスや商品を宣伝する「SNS広告」が注目を浴びています。

SNS広告が流行っているけどどの媒体を使えばいいのかわからない、どうすればいいかわからないという人も多いでしょう。

そんな人に向けてSNS広告についてご紹介していきます。

SNS広告とは?

SNS広告とは、インターネット広告の一種でTwitter・Facebook・LINEといったSNSを媒体とした広告になります。

主にSNSのタイムラインやストーリーズ、おすすめアカウント蘭などに表示される広告に該当し、最近ではテキスト+バナーだけでなく、動画やカタログを活用して運用することも増えています。

また、SNS広告はSNSに蓄積されているデータ(ユーザー自身がSNSに登録している基本情報)に基づいて広告配信を行います。

SNS広告の目的とは?

ネットショップでSNS広告を活用する目的は、広告を出向する人によっても異なりますが、「認知の拡大」や「商品の購入」になります。

SNSでは、購入意欲の高いユーザーだけでなくまだ商品やサービスの必要性を自覚していない潜在層のユーザーにも配信できるため幅広い集客が可能です。

SNS広告のメリット

少額からでも出稿できる

SNS広告のほとんどは、ユーザーのクリック数やユーザーのタイムラインに広告が表示された回数(インプレッション数)、いいねやシェアといったユーザーの反応によって料金が決まるため余計な広告費がかかりません。

そのため、費用対効果も高いことが多く、他のWEB広告にくらべてもコストパフォーマンスがすぐれています。

ターゲット精度が高い

SNS広告の大きなメリットの一つとして、ターゲティングの精度の高さがあります。

SNSによっても若干異なりますが、SNSのユーザーはアカウントを登録をする際に年齢や性別・勤め先・趣味など個人情報の登録を求められます。

このようなユーザー自身が入力したデータとSNS上の行動を元に詳細なターゲティングが可能になります。

ファン獲得・ブランドの認知拡大ができる

SNS広告をみた際にユーザーが「もっと見たい」と感じた場合、企業アカウントをフォロー、拡散してくれることがあります。

また、SNS広告はあなたの企業の商品やサービスを知らないユーザーにも情報を届けられるため、ブランドの認知拡大できるというメリットもあります。

他の広告に比べてユーザーに受け入れられやすい

先程もいいましたが、スマホの普及によりSNSからの情報を収集する量が増えました。

そのため、企業からユーザーに向けた一方的な広告配信は嫌悪感を抱かれることも多く効果が低くなることも多くなってきました。

一方でSNS広告は多くの方がよく見るタイムラインなストーリーズなどの日常生活の中に溶け込んで配信されるため比較的ユーザーに受け入れられやすい傾向があります。

SNS広告の種類とその特徴

SNS広告には、プラットフォームごとに利用ユーザーや広告配信の仕組みに違いがあります。

今回は、国内で利用数の多い4大SNS広告のほかに最近話題の広告についてもご紹介していきます。

Instagram広告

Instagram広告は精度の高いターゲティングが魅力です。画像や動画を使ったビジュアルによる訴求がメインとなるため言語の障壁が低く、世界中のユーザーへ広告訴求しやすいのが特徴です。

また、年齢層としては10代~20代の女性の利用率が高く化粧品や、美容グッズ・アパレルなどの女性向け商材とも相性がいいです。

Instagram広告は質問機能を使ったアンケート広告やネットショップへの導線を作れるショッピング広告など豊富なフォーマットやメニューを使える広告になります。

Instagram広告を作成するにはFacebook広告の管理画面から設定を行うため注意しましょう。

画像引用:Facebook for Business参照元:https://about.fb.com/ja/news/2019/06/japan_maaupdate-2/

Facebook広告

Facebook広告は実名登録制のため、登録されている情報の正確性が高いSNSです。

Facebook広告は上記のように精密なユーザーデータを元にターゲティングを行えるのが最大の特徴です。また、長い尺の動画や画像の複数投稿、リンクシェアなど様々な広告フォーマットを利用することができます。

年齢層としては30代~50代のビジネス層が強く、Facebookをビジネスシーンで利用しているユーザーも多いです。そのため、Facebook広告はSNS広告の中でもBtoB向けの広告ともいえるでしょう。

画像引用:Facebook Ads Guide|Facebook for Business参照元:【2020年最新版】4代SNS広告の特徴(Facebook広告、Instagram広告、Twitter広告、LINE広告)

Twitter広告

ユーザー同士のリアルタイムでの会話が活発に行われているSNSです。

Twitter広告のメリットは興味関心軸によるターゲティングができることです。

Twitterはユーザーの興味関心に基づいてアカウント情報がうまれるため、自社と親和性が高いアカウントをフォローしているユーザーや、特定のキーワード検索を行っているユーザーに広告を届けるとができます。

また、Twitter広告はTwitter内のオーガニック投稿と同様にいいねやリツイート、コメントが可能になるため、拡散等により普段の広告配信以上の成果をあげることが可能です。

画像引用:Twitter広告のフォーマット|Twitter for Business

LINE広告

国内における月間アクティブ数が8,800万人、人工のおよそ70%が利用しているSNSです。

幅広い年齢そうのユーザーが利用しています。

LINE広告の圧倒的リーチ力を生かして幅広いサービス・商品の訴求を行えるのが最大の特徴です。

また、LINEアプリ内のトークリスト最上部はもちろんのこと、LINE NEWSやLINEショッピングなど配信面も豊富で様々なモチベーションをもったユーザーに広告を配信できます。

LINE公式アカウントを活用している場合、そのデータを広告配信に使うこともできるため既存顧客へのアプローチも見込めます。

画像引用:LINE広告(LINE for Business)
参照元:https://www.linebiz.com/sites/default/files/media/jp/download/LINE%20Business%20Guide_202107-12.pdf

TikTok広告

TikTokは2017年から開始されたSNSで、ショートムービーに特化しているため若年層を中心に利用が拡大しているSNSです。2021年には全世界で月間アクティブユーザー数が12億円に達するとも言われています。

TikTok広告の一番の特徴は、広告を届けるだけでなく、ユーザーを巻き込みながらTikTok上にユーザー投稿を生み出す広告メニューがあることです。

TikTokは他のSNSと比べても10代~20代前半の利用率が高いため、若年層に向けた広告施策に向いています。

主な例として「Stamp」があります。

これはステッカーやフィルター、エフェクトなど動画投稿時にユーザーが利用できるアイテムを企業がカスタマイズできるというものです。ユーザーに企業の提供したステッカーやフィルターを楽しく利用してもらいながら、企業のブランドや商品をPRする投稿を生み出すことが可能です。

画像引用:TikTokForBusiness

参照元:https://grove.tokyo/media/g0109/

SNS広告を成功させるためのポイント

ターゲットを明確にする

まずは、誰に広告をとどけたいのかを明確にする必要があります。

SNS広告は詳細なターゲティングができるからこそユーザーのプロフィール情報を元に正確なターゲティングが行えることが魅力的ですが、それに加えて、「SNS上の友達の友達」「特定のアカウントをフォローしている」など他の広告ではできない特殊なターゲティングが必要です。

ユーザーに取ってほしいアクションの目標を作成する

商品やブランドの認知を拡大したい、ユーザーからの関心度を高ファンを増やしたい、商品のランディングページに誘導したい、お問い合わせなどのリードを獲得したいなどSNS広告の目的によって定める成果指標が異なります。

それぞれの目的によって広告のインプレッション数やリーチ数など重要な指標が変わってきます。

自社にあった目的と指標を確認しましょう。

広告の見え方を考える

同じSNSの広告でも、スマホやPCなどデバイスによって配信場所やフォーマットは異なります。

静止画やテキストだけでなく、動画やカタログなどビジュアル重視のフォーマットもあります。

ユーザーにとってどれだけ魅力的に興味を持ってもらえるような広告にするかが大事な要素になります。

SNSのトレンドに臨機応変に対応する

Instagramでは「インスタ映え」する写真が増えたり、Twitterで日々流行するハッシュタグが生まれるように、SNSのトレンドは絶え間なく変化しています。

SNS広告において、トレンドに対応することはとても重要です。

日々変化するSNSをチェックし、流行に乗った広告を配信することを心がけましょう。

まとめ

本記事では、SNS広告についてご紹介しました。

スマホの普及によりSNSが伸びつつけているからこそ、いま運用するべき重要な広告の人です。それぞれのSNS広告によって特徴が違うため、自社がどのSNS広告に合うかをしっかり検討して試してみましょう。

また、SNS広告をやりたいけど知識がないからできない、時間が足りないという方も多いでしょう。

そんな方にはFacebook、Instagram、LINEに1日500円から広告を配信できるツール「AdSIST」がおすすめです。

ぜひ導入を検討してみましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加
header-image header-image